知っトク

バレンタインデーじゃなくても食べたい!~ロイズのおすすめチョコと気になるシルスマリア~

最後にバレンタインデーにチョコをもらった時の記憶が薄れつつあるラジ男です。

色々なことがピークにあった小学生時代、バレンタインデーにもらったチョコの数もピークでした。

中高生の頃は皆無!あの頃、毎年2月14日に抱いていた浮き足立った期待感は今では皆無!
これを成長と見るべきなのか、加齢の表れと見るべきなのか・・・難しいところです。

大学生以降はチラホラもらった記憶がありますが、小学生の頃にチョコをもらえた時ほどのうれしさを感じたことは無かったなぁ・・・。


本記事はバレンタインデー間近の時期に書いているわけですが、

「(封神演義の妲己風に)ん〜っ、今年は彼ピ(あのヒト)にどんなチョコをあげようかしら〜ン❤️

なんてお困りの女性に向けて書く意図は特にありません。

そもそも、そのような季節毎のイベントに敏感な女性は、この記事を見るまでもなく、心に決めた購入ルートや自主製作のプランが既にあるはずですからね(それでも、参考になれば幸いですm(__)m)


『本命チョコ』『義理チョコ』って言葉は私の学生時代の頃からありました。
いつからか『友チョコ』なんて言葉が出て来て、近年では『自分チョコ』なんて言葉まであるとか。

『自分チョコ』って要は『自分が食べたいから買うチョコ』ですよね?
そんなワケのワカラン単語を使うのは少々気が引けますが、良いじゃないですか、自分チョコ。

そんな『自分チョコ』に、こんなチョコはいかがでしょう?

ロイズとシルスマリア

語感から感じるロイズとシルスマリアのイメージ

この記事の書き始めはロイズのことだけ書くつもりでいました。
だって、ロイズの他に知りませんでしたからね💦

いや正確には、ロイズ以外にも3つほど思い付く有名ブランドがあり、
実際に食べたこともあるけれど、特に印象も思い入れも無くそれらは落選しまして・・・。

そしたらじゃあ、「シルスマリアってなんだ?」って話になりますよね。

それはまあ、読んでいけば追々分かるとして、この『ロイズとシルスマリア』って見出し、中々良いと思いませんか?「どちらもチョコに関連した固有名詞だ」っていう認識が無かったら、例えファンタジックな心の持ち主じゃなくとも、画像のようなイメージが湧きませんか?

あるいは、ガラスの仮面の北島マヤと姫川亜弓のような、陰陽的なイメージが。

ロイズとは


1983年に北海道は札幌市で創業したチョコレート屋さんです。
つまりは、私よりチョイ年上!ロイズ先輩と呼ばせて頂きますm(_ _)m

1985年には第1号商品となる板チョコを発売しました。
恐らく、創業から2年の間は板チョコ作りに注力していたわけですね。

1995年には私の大好きな生チョコが通年販売され始めました。板チョコから10年後のことです。
“通年”ということは、それまでの何年(あるいは何か月)間かは時期等によって“限定”販売されていたと思われます。この間、ジワジワと人気が出てきたのか、あるいは生産ラインが確立されたことによって、“通年”販売への道が拓かれたのでしょう。

そのまま立ち消えにならなくてホントに良かった😭

2001年にはシンガポールに海外1号店がオープンし、2012年にはアメリカ・ニューヨーク1号店がオープンしています。この動きはWRC(ワールドワイド・ロイズ・チョコレート)と称され、しばしば『ワールド・ラリー・チャンピオンシップ』と混同されます。
(なんて、文字数稼ぎのためにテキトーなことを書いてしまった・・・と思ったら、千歳空港内にはWRCならぬ、WCR(ロイズ・チョコレート・ワールド)なるコンセプトの店舗があると知って驚きました!)

2002年には私の中で双璧を成す美味しさを誇るポテトチップチョコレートが発売されました。
「嗚呼、歴史を紐解く過程で、おすすめチョコの項で書くつもりでいたチョコが既に出てきてしまった、これ以上はもう引っ張りようがない…」と、書きながら少し焦っています。

2013年頃私、初めてロイズのチョコレートを食べさせて頂きました。
大変遅咲きながら深い感銘を受けました。

2018年めでたく創業35周年を迎え、様々なキャンペーンが執り行われていたとは少しも知らずに年を越し、つい先頃久しぶりに食して「やっぱり美味いな!」と思ったのをキッカケに、この記事を書いております。

以上、公式サイトより概略を抽出して引用させて頂きましたが、大変勉強になりましたm(__)m

シルスマリアとは


“生チョコ”って、何となく「日本発祥なんじゃないかな?」と思っていました。
そして、「ロイズの生チョコはあんなに美味しいけれど、多分発祥ではなさそうだな」とも。

そしたら予感は的中!

生チョコの発祥は日本であり、それはロイズではなく、この『シルスマリア』でした。

ロイズに比して、シルスマリアの紹介文は至ってシンプルなので、以下に引用してご紹介させて頂きます。

生チョコ発祥の店。

生チョコという名で世にでた最初の一粒。
1988年、寒い夜のこと、シルスマリアの厨房で、どこにも無い、全く新しいタイプのチョコレートが完成しました。
ショコラティエが、そのチョコに、生チョコという商品名を付けたことが、のちの生チョコブームへとつながって行きます。
もちろん、現在使われている、この『生チョコ 』という言葉もその当時、シルスマリア で生まれた言葉です。
『生チョコ 』と名付けた由来は、その当時、『生パイ』というオリジナル商品が大好評で、
そのチョコレートにもふんだんに生クリームが使われるため、『生チョコ 』と命名しました。
大切な人の心まで とろけさせてしまう、発売当時からの人気商品です。

シルスマリア 楽天オンラインストアより

まだ食べる前ですし、これ以上私の口から言えることは何もありませんね・・・m(__)m

おすすめのチョコ

シルスマリアのチョコはまだ未体験なので、ひとまずはロイズのチョコに限ってお話します。

これまで何種類かのロイズのチョコレートを食べてきましたが、ハッキリ言ってどれもこれも美味しいです!

しかし、ここでは2つに絞ってご紹介します。

それは何を隠そう、もう隠し切れていない、前項で挙げた『生チョコ』と『ポテトチップチョコレート』です。これらに限らず、他の種類のチョコも色んな味や風味のチョコがあるのですが、私が特におすすめしたいのがホワイトチョコです。

ロイズ:生チョコレート(マイルドホワイト)

画像はクリックして拡大できますが・・・、

正直、今回ほどプロのインスタグラマー諸氏に尊敬の念を抱いたことはありませんでしたね。
パッケージは良いとして、中身ね!「もう少し撮り方があるだろうに・・・」と。

でも、2つ言い訳をさせて下さい。

1.食べかけならば、誰が撮ろうが粉を吹いた状態になります
2.食べかけなのは、食べている最中に記事を書くことを思い付いたからです

ですから、食べる前に撮ればもう少し見栄え良く撮れたかと思います。

今度食べた時はもう少し上手に撮りますm(__)m

・・・現状私が撮った写真の見栄えは置いといて、肝心なのは中身=味ですよ。
これは、パッケージ裏面の説明分がすべてを語ってくれているので引用しましょう。

やわらかで深みのある味に仕上げたホワイトチョコレートに、生クリームをブレンド。なめらかなミルクのおいしさがとろけるように広がります。後味にキャラメルがほんのり香る優しい味わいに仕上げました。

パッケージ裏面の説明分より引用

もうね、そのまんまです、そのまんま!
これね、もう正直無限に食べていられます!
けれど、チョコは無限には無いんで、すぐ食べ切ってしまうのはあまりにもったいない!
だから、毎日一列ずつ食べていくんです!
すると、チョコが溶けてるんだか自分が溶けてるんだかホントに分からなくなります!

宇多田ヒカルは「ぼくはくま」って歌っていましたが、
これを食べると「ぼくはちょこ」になりかねない、禁断の果実です。

ロイズ:ポテトチップチョコレート(フロマージュブラン)

こちらは母が購入しました。

「食べ掛けでも良いから、写真映えするように撮って送ってくれ」って頼んだらコレですよ。

・・・やっぱり、今年還暦を迎えるとはいえ、母も女ですね。私の期待以上の映りばえでした。
バックに黒い布生地をわざわざ置いて撮ってますよコレ。
やっぱり食べ掛けだったのでしょう、箱をセロテープで留めているのが少しアレですが、
私のように中身を映さなかったのがとてもイイ。
チップを2個重ね置きすればより映えそうな気もしますが、十分ですよ😭

これももちろん、食べたことがありますが、これがまた美味しい上に、
生チョコと違って1個1個確実に減ってる感が分かりにくいから手を止めにくいんですわ!

ふつうのポテチって大概袋に入っていて、中身を特に見ずに手だけ突っ込んでボリボリやるでしょう?そして、気付いたら空になっている。このチョコは箱の中の袋に入っているんで、これと全く同じ現象が起きてしまう。

「あぁうめぇ、もう一つ。もうチョイいけるか?もう一つ」

なんてやってると、あっという間に底を尽きかねない悪魔の商品です。

味はですね、生チョコが甘さの何重奏かでジワジワと攻めてくるのに対して、こちらはポテチの塩気とチョコの甘味のラリーでもってノックアウトしてきます。ですから、このチョコだけに言えたことではありませんが、カロリーに注意して下さい。

シルスマリア:生チョコレート(スノーベリー)

「生チョコ発祥の店」なんですから、生チョコを食べない手はありません。
かつ、私の狙いはホワイトチョコです。

そしたらもちろんありました。それがこのスノーベリー味。
「ストロベリー」味じゃなくて「スノーベリー」味ですよ?
「雪に埋もれた苺の実」が想像されるシンプルかつベストなネーミングですね❆🍓❆

商品紹介の文章を以下に引用してご紹介させて頂きます。

フリーズドライの苺の酸味が程よいアクセント。

ベルギー産ホワイトチョコと新鮮なクリームで作った生チョコにフリーズドライの苺を混ぜ込みました。柔らかな口溶けと風味豊かなミルク味、赤くプチプチした食感のフリーズドライの酸味が程よいアクセント。

シルスマリア 楽天オンラインストアより

多分、食べる前に想像するに、やり口はロイズのポテチと同じだと思うんですよ。

ロイズのポテチは「ポテチの塩気とチョコの甘味のラリー」でしたが、
スノーベリーは恐らく「苺の酸味とチョコの甘味のラリー」だと思われます。

近々購入して食べ次第レポート致しますm(__)m

どこで買えるのか

肝心なところですね・・・!

記事の書き出しが“ロイズベース”だったので、ロイズの公式サイトの店舗情報に基づいた区分でご紹介します。

直営店

ロイズ

公式サイトによれば、直営店は北海道内でのみ展開しています。

以下、店舗情報を元に、北海道にある直営店を私がグーグルマップ上にプロットしてみました。

地図を見ると札幌市周辺に集中しているのが分かりますね。

ちなみに、ちょっと調べてみたところ、札幌市から千歳空港までは約40km、
札幌市から旭川市までは110km、旭川市から千歳空港までは約120㎞あります。
※いずれも直線距離です。

シルスマリア

ロイズと同じく「直営店」という括りにして良いのかは分かりませんが、神奈川県内でのみ3店舗営業しています。

本店が平塚市にあり、他2店舗(馬車道店とCIAL桜木町店)はいずれも横浜市内にあります。
平塚市から横浜市の直線距離はおよそ30kmです。

空港免税店

ロイズのみ

公式サイトを見る限り、全国の主だった空港にはほぼすべて出店しています。

地図を見て思ったのは、船の港ならいざ知らず空港も、ほぼ海に近いところにあるということです。
会社の出張で一度しか飛行機に乗ったことのない私にはピンとこないのですが、ガッツリ内陸部にある空港もあるのでしょうか・・・と思ったらあった!(長野県の松本空港や山形県の山形空港など)

また、「なぜ空港に?」とも思いました。

恐らく、「土産物として喜ばれるから」だとか「空港だと空輸で新鮮かつ高品質な状態で店舗に届けられる」だとか、そういう経営戦略によるものかな?と思ったら、空港販売の裏付けとなるような記述を公式サイト上で見付けたので、以下に引用します。

(前略)1995年に通年販売を開始したロイズ生チョコレート。けれども当初は、冷蔵が必要なお土産菓子を取り扱ってくれるお店はほとんどなく、空港のわずか1店舗で、小さな冷蔵ケースを置いて販売していました。そのうち、各地の美味しいものに敏感なキャビンアテンダントの方たちの口コミから人気が広がり、今ではロイズの看板商品に成長しました。

ロイズ公式HP 生チョコレート誕生秘話より

なるほど。私の先の仮定は経営戦略によるものでしたが、それもあながち間違ってはいないと思います。しかしそれ以上に、この引用文を見ると、かつて生チョコの口コミに一役買ってくれたCAさん≒空港(職員さん)に対する恩義の表れなんじゃないかと、そんな気がしてなりません。

石垣島販売店

ロイズのみ

公式サイトでは『石垣島販売店』と銘打たれていますが、
実際には『沖縄県店舗』と言って差し支えないでしょう。

北海道に直営店があるのはお膝元だから。
各空港に免税店があるのはCAさんへの恩義と経営戦略のため。
ここまでは分かるんですよ。

では、沖縄県に北海道の直営店の軒数を上回る店舗が点在しているのはなぜでしょう?

ゔ~ん・・・、この記事の初アップロードの時点ではまとまった推測がひねり出せないので、まとまり次第書かせて下さい!😢

ネットショッピング

「北海道/沖縄に住んでいない!」🖐
「空港の近くにも住んでいない!」🖐
「オラの村には電気がねぇ!」by 吉幾三

って方、朗報です。公式サイトから通販で買えます。なので、安心してドカドカ買って、鼻血が出るくらいジャンジャン食べちゃいましょう!

(チョコレートをドカ食いするとホントに鼻血って出るのかなぁ…。どこぞのユーチューバーが試してそうだなぁ…って思って検索したら案の定発見しましたが、私には不快な映像でしたので割愛致しますm(__)m)

ロイズ

公式サイトでオンラインショッピングができます。

と言うか、公式サイト自体がオンラインショッピング向けに作られているようで、ロイズ(ROYCE')公式オンラインショップと謳われています。

しかし、サイト内を巡回していくと、冒頭で触れたようなロイズの歴史やチョコそのものの歴史についても書かれており、思わず購入すること自体を忘れてしまうくらい、勉強になります。

ロイズ公式サイトへ

その他、おなじみのショッピングサイトでも購入が可能です。
以下に4つのショッピングサイトへのリンクを貼りました。

ぜひとも、生チョコレート(マイルドホワイト)orポテトチップチョコレート(フロマージュブラン)を選んで頂きたいところですが、他にも魅力的なチョコがたくさんありますので、ご自身で選ぶことも併せてお選び下さい。

※楽天市場のリンク先ページのカテゴリ内には「マイルドホワイト」が無いようですが、検索窓から「マイルドホワイト」と検索すれば出てきます。

ロ イ ズ の チ ョ コ レ ー ト

※各店舗で送料は異なります

名前はしばしば見掛けたことがありますが、私の中でなじみが無かったのが『ロハコ』です。

会社のオフィス用品はしばしば『アスクル』で購入しているのですが、ロハコは「アスクルがYahoo!の協力により運営する通販サイト」とのことです。事務員さんは知っていました!

シルスマリア

公式サイトにリンクの貼られたオンラインストアは楽天市場のものです。
見(=選び)やすくて品数も豊富で、生チョコレート(スノーベリー)もバッチリ買えます!

その他、Yahoo!ショッピングは品数が減りますが、スノーベリーが買えるので問題ありませんね!

シ ル ス マ リ ア の チ ョ コ レ ー ト

※各店舗で送料は異なります

まとめ

いかがでしたでしょうか。

チョコに限った話ではありませんが、品物を買う際に迷うことが私には2つあります。

お店で買うか、ネットで買うか
品数が多いほど選ぶ楽しみと同時に迷いにくさも増す

みなさんはどうでしょうか?

今回はみなさんも恐らく感じるであろう「選ぶ迷いにくさ」を軽減する意味でも、おすすめのチョコを絞ってご紹介しましたが、迷うことも込みでチョコ選びを楽しむことも、また一興であるかと思います。

また、バレンタインに合わせて、今回ご紹介した2店いずれも催事出店を行います。

ロイズ公式サイト(催事情報)
シルスマリア公式サイト(催事出店のご案内)

バレンタインじゃなくても~と言っておきながら、「特にこの時期だからこそシルスマリアのチョコを食べてみたい!」と思った私は、期間中にお店に足を運ぼうと考えております。そしたら多分、ロイズのチョコも買って食べ比べが始まることでしょう💦

期間中じゃなかったらネット購入一択なのですが、実際に足を運んでゲットするっていう快感もあると思います。

本がそうです。ネット注文すればカンタンに手に入りますが、書店で実際に見付けた時の「あった!」という快感です。

つい最近、本の購入形態を巡っては、ある書店員さんのツイートがバズってプチ論争が起こりましたが、その書店員さんが仰っていたように、「どちらが良い/悪い」ということではないんです。

その時々の自分に合ったスタイルで商品(今回はチョコ!)選びをしてみてはいかがでしょうか。

でも、最後に念押ししておきますよ?

ロイズは生チョコ(マイルドホワイト)とチョコポテチ(フロマージュブラン)!
シルスマリアは生チョコレート(スノーベリー)!

おすすめの映画!ニコラス・ケイジ『ダブル/フェイス』~不妊女性と代理母の、子供を巡る争い~前のページ

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え~その経緯と結果~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【映画感想】『髪結いの亭主』~少年期に刷り込まれた憧れの女性観の行方は~
  2. 【映画感想】『ヴェンジェンス』~その復讐=Vengeanceはヤりすぎ~
  3. おすすめの映画!ニコラス・ケイジ『ダブル/フェイス』~不妊女性と代理母の、子供を…

関連記事

  1. 知っトク

    4K8K本放送開始直前チェック!~地デジはどうなる?電波の干渉って何?~

    いよいよ、今年の12月1日から4K8Kテレビの本放送が始まります!!…

  2. 映画

    J・K・ローリング氏 インタビュー ~NHK『あさイチ』より~

    先日公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』映…

  3. 知っトク

    ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え~その経緯と結果~

    新米ワイモバイルユーザーのラジ男です。このたび、8年超に及ん…

  4. 洋画

    おすすめの映画!ニコラス・ケイジ『ダブル/フェイス』~不妊女性と代理母の、子供を巡る争い~

    ニコラス・ケイジを愛してやまないラジ男です。って、決してそう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 知っトク

    バレンタインデーじゃなくても食べたい!~ロイズのおすすめチョコと気になるシルスマ…
  2. 未分類

    ブログ、はじめました~きっかけは現在の行き詰まりから~
  3. 映画

    J・K・ローリング氏 インタビュー ~NHK『あさイチ』より~
  4. 海外ドラマ

    オススメの海外ドラマ!~BULL/ブル2 法廷を操る男~
  5. 知っトク

    4K8K本放送開始直前チェック!~地デジはどうなる?電波の干渉って何?~
PAGE TOP